退職、転職の基礎知識

   

退職手続のフローチャート

すでに家族などとの相談も終わり、具体的に会社に退職手続きを行うときの手順です。少なくとも退職希望日から逆算して一ヶ月以上前からはじめます。

上司への退職の申し出

直属の上司へ口頭で退職を申し出ます。
退職希望日、退職理由、退職後どうするのかを説明します。
上司は、人事部門などに連絡した上で、退職日の調整や引継ぎの指示を行うことになります。
この段階で正式な退職願の提出を求められます。

退職願の作成・提出

会社に退職願の決まった書式があれば、それに記入します。無ければ、このサイトの例などを参考に作成してください。
一度提出した退職願を撤回できるかどうかむずかしい話もありますが、もう後戻りはできないとの覚悟で提出しましょう。

業務引継ぎ

上司の指示に従い、仕事を引き継ぐ社員に業務を引継ぎます。お互いに日々の仕事がありますので、スケジュールの調整が必要です。

健康保険証の返還と必要書類の受領

会社を退職するといままでの健康保険証は使えなくなりますので、退職日までに会社に返還し、雇用保険被保険者証など必要な書類を会社から受け取ります。

退職当日

退職辞令の交付がある会社では、辞令をうけとります。
職場の皆さんに退職のあいさつをして、私物を整理して会社を去ります。なお、会社の行政手続き上、会社から受け取る書類が退職日には間に合わない場合があり、そのときは、会社から郵送されるか、退職後受け取りに行くことになります。