退職、転職の基礎知識

   

退職金・有給休暇等

退職する時に知っておきたい退職金や有給休暇などついて説明します。

退職金

世間一般で定年退職時などに退職金が支払われていますが、退職金自体は、法令に支払が定められているものではなく、各会社で独自に支給しているものです。
従って、自分が退職するときに退職金が支給されるかどうかは、会社の退職金制度によります。
勤続年数や退職理由によって、退職金の支払の有無や金額計算が異なる場合が多いので、会社の制度をあらかじめ調べておきましょう。

有給休暇

有給休暇は、勤続年数によって休暇日数が法令で決められています。有給休暇が残っている場合、退職準備等で有給休暇を取ること自体は当然の権利です。
ただ、忙しい中で業務の引継ぎも行うことになるので、会社や職場の皆さんに迷惑のかからぬよう事前に調整する配慮が大切です。
なお、退職するときに、残っている有給休暇を会社に買い上げて貰えないかと質問されることがあります。
退職まで期間が短く、引継ぎもしなければならないので、残っている有給休暇をとることができないので、せめて買い上げてもらえないかという話です。
しかし、残念ながら有給休暇は、有給で休む権利であり、買い上げを請求する権利ではありませんので、会社に年休を買い上げをもらうことを権利として要求することはできません。
やはり、退職は計画的にです。

賞与・ボーナス

賞与・ボーナスは、一般的に賞与・ボーナス支給日に会社に在籍していることを要件としています。
たとえば、12月がボーナス支給月の場合、11月に退職するとボーナスは支払われません。
退職日を考える時の一項目かもしれません。