高齢猫用キャットフード

7歳以上の猫に与えるキャットフード

一般的に、猫は7歳以上から「高齢期」だと言われています。猫と一緒に生活をしている人なら分かると思いますが、7歳はまだまだ元気いっぱいで、とてもじゃないけれど高齢期に入った猫とは思えないことでしょう。しかし、見た目や行動は若い猫と変わりなくても、体の中では老化が進んできています。7歳以上になったということは、健康管理をしっかりとしなければいけない年齢に差し掛かっているということなのです。

7歳以上から高齢猫用キャットフードをすすめるワケ

健康管理の1つに挙げられるのが、高齢猫用キャットフードを与えることです。高齢猫用のキャットフードには、高齢猫の体の調子をサポートする秘密がたくさん隠されています。ここで、7歳以上から高齢猫用キャットフードをすすめる理由を2つ説明していきましょう。

高齢猫に多い病気を防ぐことができる

猫が高齢になってくると、知覚障害や関節疾患、肝疾患、腎臓疾患などの病気にかかる可能性が高くなってきます。それは仕方のないことです。人間も、高齢になると体の調子が悪くなりやすくなってきますよね。
ですが、食事の管理や生活習慣などである程度は予防することができます。高齢猫用キャットフードには、高齢猫が元気で過ごせるよう、様々な栄養素が入っていたり、余計な栄養素を取り除いたりしてあります。例えば穀物を少なくしていたり、骨を丈夫に保つためのカルシウムを多く含んでいたりなどです。普段から高齢猫用のキャットフードを食べさせて、病気になりにくい体作りをしてあげましょう。

高齢猫に適切なカロリーを摂取させることができる

高齢猫になってくると、新陳代謝が落ちてきてしまいます。普通のキャットフードをいつまでも食べさせていると、カロリーを摂取しすぎてしまい、肥満の原因になってしまうことがあります。肥満になってしまうと、それだけで病気にかかるリスクが大きくなります。心臓に負担がかかったり、肺に負担がかかったりといいことがありません。高齢猫用キャットフードなら、高たんぱく低カロリーで、健康に良いものが多いので、ぜひ取り入れていってほしいと思います。

高齢猫用キャットフードを選ぶ際に気を付けるべき点は?

高齢猫用キャットフードと言っても、様々な商品が出ています。その中には、普通のキャットフードとあまり変わらないものもあるのです。愛猫のペットフードは、飼い主が安全なものを買ってきてあげなければいけません。ここでは、どんなキャットフードが高齢猫に適しているのかということについてお話をしていきます。

穀類が少なく、猫の体に負担が少ないもの

普通のキャットフードには、穀類がしっかりと入っていることが多いです。高齢猫に与えることを考えるなら、穀類が少ないキャットフードを強くおすすめします。穀類が多く含まれているキャットフードは、消化に時間がかかり、胃腸の負担になってしまうのです。穀類がまったく含まれていないキャットフードとまでは言わなくても、入っていても少量で、胃腸への負担になりにくい、消化しやすいイモなどが主成分のものを探してみましょう。

香料や着色料が入っていないもの

見た目や香りが良いほうが喜ぶのではと考えて、香料・着色料を使っているキャットフードを選んでしまう人もいるかもしれません。ですが、猫は、色をはっきりと認識することはできないと言われていますので、着色料は必要ありません。また、香りも、人工的なものより自然な香りを好む猫が多いので、香料は必要だとはいえないでしょう。

高齢猫にぴったりの小粒なフード

歯が弱ってくる高齢猫は、大きい粒のフードを食べるのが難しくなってきます。そのため、多くの高齢猫用キャットフードは普通のフードよりも小粒になっているのです。毎日ストレスなく、しっかりと一定の量を食べてもらうためにも、小粒のフードを選びましょう。

まとめ

高齢猫用フードというのは、主に7歳以上の猫に与えるものだと言われています。高齢猫用フードにすることで、病気を防ぐことができたり、適切なカロリーを無理なく摂取できるようになったりするでしょう。キャットフードには、様々な種類や形状がありますので、その子が食べやすいものをいくつか試してみることをおすすめします。購入する前には、必ず、猫に必要な栄養素がちゃんと含まれている総合栄養食かを確認してみてくださいね。